イベントセミナーTECHNO-FRONTIER 2017


TECHNO-FRONTIER 2017 第35回モータ技術展 2017年4月19日(水)〜21日(金)に幕張メッセで開催されます、
TECHNO-FRONTIER 2017 第35回モータ技術展に出展します。
モータをはじめ、電気機器のシミュレーションにご興味のある方は
是非お立ち寄りください。
JMAG-Designerの新バージョン中心に、話題の解析技術、新たに加えられた解析事例を紹介します。
開催まで随時情報を更新いたします。どうぞお楽しみに。

主な展示

JMAGブースでの展示内容を紹介します。

最適化計算

電気機器設計における最適化計算の適用は新たな潮流となっており、JMAG も最適化をより実用的にするための機能開発を続けています。JMAG での最適化機能の現状と、今後実用化が期待される最新技術動向について紹介します。

材料モデリング

プレイモデルや1D法など新たな鉄損解析手法が提案されていますが、異常渦電流損失が含まれないため、異常渦電流損失のモデリングが課題となります。
将来の異常渦電流損失のモデリングに向けて電磁鋼板の異常渦電流損失の分離手法を検討した事例を紹介します。

マルチフィジックス

電気機器のマルチフィジックス解析ならJMAGです。
解析機能の豊富さだけでなく幅広い利用形態に対応します。JMAGだけのマルチフィジックス解析はもちろんのこと、サードパーティ製品ユーザーとの協調解析作業も可能です。新しい事例を解析手順とともにデモを交えて紹介します。

モデルベース開発

限られた開発時間で要求を満たすシステムを実現するためには、機器設計とシステム設計を並行して進めるコンカレントなMBDが必要になります。私たちはJMAG-RTを中心にコンカレントMBDを推進しています。JMAGのMBDをご覧ください。

大量計算を支えるシミュレーション環境

JMAG は設計業務をより効果的進めるための機能を満載しています。環境構築から、計算ジョブの運用やデータ管理まで様々なシーンを交えて具体的に説明します。

開催概要

会期 2017年4月19日(水)〜21日(金) 10:00〜17:00
会場 幕張メッセ(日本:千葉)
ブース モータ技術展:4F-12
主催 一般社団法人 日本能率協会
URL http://www.jma.or.jp/tf/

これまでの展示状況

・2016年開催レポート
http://www.jmag-international.com/jp/event/2016/2016_techno_frontier.html#report

・2015年開催レポート
http://www.jmag-international.com/jp/event/2015/2015_techno_frontier.html#report

お問い合わせ先

株式会社JSOL JMAGビジネスカンパニー
info@jmag-international.com



>> イベント情報に戻る Topへ戻る


Contact US



30日間無料トライアル