プロダクトモータ設計ツールJMAG-Express Public (フリー版)

ダウンロード

ソフトウェアライセンス契約はこちら>>

認証なし 認証あり
モジュール
ExpressPublic201701.exe
101MB(2017-01-26)
JMAG-Expressの秘密
事務局からお届けの認証IDが必要です。
ライセンスキーをお持ちの方で認証IDをご存じない方は、以下お問い合わせフォームよりお知らせください。

>> 修正項目(RID)一覧

動作環境


Windows x86
Operating System 32bit
(注1) (注3)
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Ultimate, Professional
Windows 2008 Server
Windows x64
Operating System 64bit
(注1) (注2) (注3)
Windows 10 Pro
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Ultimate, Professional
Windows 2012 Server R2
Windows 2012 Server
Windows 2008 Server R2
Windows 2008 Server

【注意事項1】
 - Windows XPにつきましては、2014年4月9日をもってサポートを終了しました。
  マイクロソフト「Windows XP」のサポート終了に伴うお知らせ
 - Windows Server 2003につきましては、2015年7月15日をもってサポートを終了しました。
【注意事項2】
 - 本製品は32bitプログラムですのでWindows x64上にインストールしても32bitのプロセスとして動作します。
【注意事項3】
 - Windows Vistaにつきましては、2016年7月以降のバージョンでのサポートを終了しました。
  JMAGのWindows Vistaサポート終了のお知らせ

インストール:

ダウンロード後、exeファイルを実行ください。
インストール後、初回起動時にライセンスキーをご入力いただきます。
事前にライセンスキー(無料)を取得ください。

使用期限の延長:

引続きご利用いただける方に別途延長ライセンスをお送りします。
延長申請方法につきましては個別にご連絡申し上げます。

アンインストール:

コントロールパネルの[プログラムと機能]メニューを開き、JMAG-Express Publicを選択ください。

ご注意:

「JMAG-Express Public for Rotating Machines」と「電磁解析ソフトウェア」は別製品です。
「JMAG-Express Public for Rotating Machines」はJMAGソルバーのリソースは使用いたしません。
単体でご利用いただけます。

更新履歴

2016年 7月27日 巻線界磁型同期機/外部励磁同期電動機の特性評価に対応しました。
また、これらを解析テンプレートとしてJMAG-Designerで利用できます。
サイジングの操作性を改善しました。
ヒントを参考にしてサイジング前に設計パラメータを見直すことができます。
2016年 3月30日 パラメトリック計算において一部のパラメータが正常に動作しなくなる不具合を修正しました。
2016年 1月29日 「DXFファイルの直接読み込み」でのGUIの操作性を向上しました。
巻線任意設定のテーブルへの貼り付け、テーブルからのコピー、テーブル選択部分の削除が行えるようになりました。
Excelなどでスロットの設定を作成し、Expressに反映させることができます。
グラフ列一列やトルク定数などをCtrl+Cでコピーできるように修正しました。
2015年 7月29日 誘導機のエンドリング断面形状を考慮した解析が可能になりました
スロット数/極数の継承が可能になりました
小数点以下の桁数指定が可能になりました
インターフェースの改善をいたしました
2015年 4月24日 占積率から素線径、巻数を自動算出します
DXFファイル読み込み改訂しました
2015年 1月28日 設計案テーブルを大幅に改定しました
最高回転数を自動算出します
指定回転数時の特性値を確認いただけます
2014年 11月27日 結果グラフの各軸を指定いただけるようになりました
Y軸は第二軸まで設定いただけます。
サイジング機能で極数、スロット数を指定できるようになりました
力率も確認いただけるようになりました
2014年 9月29日 CADデータ読み込みに対応しました。
2014年 7月30日 ユーザー様独自の材料データを設定できるようになりました。
2014年 5月30日 計算精度が向上しました
結果評価項目の選択、パラメトリック計算がよりわかりやすくなりました
2014年 3月28日 仕様特性のグラフとテーブルの表示/非表示が選べるようになりました
また、パラメトリック計算機能にも対応しました
2014年 1月27日 電流密度、バックヨーク磁束密度についても確認いただけるようになりました
また、仕様特性のフォーマットを改善し、各パラメータも見やすくなりました
2013年 12月20日 仕様・特性タブの一覧性を高め、操作性が向上しました
単相誘導機に対応しました
2013年 9月30日 結果評価機能を強化しました
2013年 7月30日 DCブラシモータに対応しました
2013年 5月31日 結果評価項目を大幅追加しました
直並列回路に対応しました
形状テンプレートの耐久性が向上しました
2013年 3月29日 Δ結線、並列回路(全並列)に対応しました
形状の変更の操作性を向上しました
選択できる材料を追加しました
SRMのJMAG-RTモータモデル書き出しに対応しました
2012年11月30日 SRM対応と最適化機能の追加を行いました
2012年 9月28日 感度解析機能を追加しました
2012年 7月31日 誘導機の解析精度の向上と形状テンプレート機能の強化を行いました
2012年 5月7日 巻線設定を強化しました
設定パラメータファイルをエクスポートできます
2011年 7月12日 形状サイジング機能を追加しました
2010年 7月21日 JMAG-ExpressとJMAG-Designerが連携できるようになりました
損失の補正係数を入力できるようになりました
2010年 4月20日 形状テンプレートを+2つ追加しました
JMAG-Expressの評価結果に起磁力分布が追加になりました
慣性モーメント、質量などもご確認いただけます
2009年12月20日 JMAG-RTモデル生成版をリリースいたしました
2009年11月11日 誘導機対応版をリリースいたしました
2009年 9月 駆動条件の設定が可能になりました
2009年 7月 形状テンプレートを+6つ追加しました
2009年 6月 DXFファイルのエクスポートに対応しました

お問い合わせ

Topへ戻る



Contact US

30日間無料トライアル