教育機関

JMAG, To the next generation: 次世代のためのJMAG

JMAGは大学をはじめ、電子・電気機器に関する研究や教育を行っている多くの機関で使われています。シミュレーション技術によってイノベーションを起こし、シミュレーション技術を使いこなせる次世代の人材育成に寄与することが我々の願いです。より多くの場面で使っていただけるよう研究教育機関向けに導入しやすい特別なパッケージを提供しています。産業分野で高い実績を持つJMAGだからこそできるアカデミック分野への貢献をしたいと思います。

教育

技術革新が進むにつれ大学に対してイノベータとしての期待が高まっています。これまでにない動作原理の考案など新しいアイディアの創出にはシステム内部で起こっている物理現象の十分な把握が必要です。JMAGによる基本原理に基づくシミュレーションによって、他の手段では決して見ることのできない機器内部や空間に繰り広げられている電磁場、熱、応力などの作用を理解することができます。また、頭に浮かんだ直感的なアイディアもJMAGによって即座に確認し、仲間と議論しそのアイディアを発展させることができます。

これまでもJMAGはたくさんの研究室でイノベーションの誕生を見守ってきました。そしてこれからも、1つでも多くのアイディアの育成に関わって行きたいと思います。

研究

産業界へのCAEの導入が進むにしたがって、技術者にとってその利用スキルは不可欠なものになりつつあります。そのスキルはCAEエキスパートだけのものではありません。その結果を正しく理解し、判断する力は今後全てのエンジニアに求められます。このニーズに応えるために、大学はCAE教育に力を入れており、多くの学生がJMAGを通じてCAEを身に着け産業界へ羽ばたいています。

JMAGには学生教育用のライセンスが準備されており、集合実習など教育現場に合わせた環境をつくることができます。これからの時代を担う人たちにCAEの素晴らしさを知ってもらいたいと思います。

九州工業大学での授業の模様


九州工業大学様のご協力により授業の模様を撮影した動画 (フルバージョン) の貸し出しも ございます。
詳しくは、弊社営業担当までお問い合わせください。
TEL: 03-5859-6020
e-mail :info@jmag-international.com


参考文献

:認証あり
No 出展
1104 赤津 観: "高効率・高トルクを実現する機電一体モータの取り組み", JMAGユーザー会 2016, 2016
1103 竹本 真紹: "アキシャルギャップモータの高効率化の取り組み", JMAGユーザー会 2016, 2016
1059 稲守 孝哉: "地球低軌道における超小型衛星の磁気姿勢外乱トルクに関する検討", JMAGユーザー会 2015, 2015
1048 巨 東英: "高周波焼入れシミュレーションコードの開発と実験検証", JMAGユーザー会 2015, 2015
1029 五十嵐 一: "電磁界解析を用いた最適設計", JMAGユーザー会 2015, 2015
917 巨 東英: "熱処理シミュレーション技術の現状と展望", JMAGユーザー会2013, 2013
908 開道 力: "モータ設計、解析のための数値解析における鉄心および鉄心素材の取り扱い", JMAGユーザー会2013, 2013
- JMAG導入事例:スウェーデン王立工科大学 様, "センサレスでの低速回転時における出力最大化制御および駆動モータの熱対策事例の紹介"
- JMAG導入事例:上海大学 様, "JMAGによる損失・制御・振動、高精度詳細解析に期待"
- JMAG導入事例:ベルン応用科学大学 様, "三次元解析を視野にJMAGを導入"
- JMAG導入事例:台湾国立成功大学モータ科学研究センター 様, "再生エネルギー研究へのJMAG活用"
- JMAG導入事例:Institute for Electrical Energy Conversion, Technische Universitat Darmstadt 様, "新たなモータや発電機の研究に挑む"
- JMAG導入事例:芝浦工業大学 赤津観研究室 様, "JMAGとのコラボで次世代モータシステムの開発に挑む"