プロダクトMBDをサポートするJMAG-RT Viewer

JMAG-RT Viewer

JMAG-RT ViewerはJMAG-RTによって作成されたモータモデルの利用価値を高めるアプリケーションです。JMAG-RTにより作成されるモータモデル(RTモデル)はSimulinkなどの制御シミュレータ上で利用可能で、モータの非線形やトルク変動なども再現できます。RTモデルに対しJMAG-RT Viewer上で制御モードを指定することで、NT特性を算出や効率マップの作成が可能となります。
実測/解析に関わらず効率マップの作成作業は測定/計算も非常に多く、データ処理も煩雑で手間の掛かる作業ですが、RTモデルがあればSimulink上に展開しなくても、RTモデルの内容を確認できますので、制御設計者がモータの素性を簡単に概観する事やモータ設計者が自分の設計したモータの特性を確認する事ができます。

JMAG-RT Viewerの主な機能 |  操作手順 |  ダウンロード |  ライセンスについて

JMAG-RT Viewerの主な機能

  • モータモデルの出力特性、効率マップの確認
  • モータの緻密な評価
  • 制御方法による出力特性の変化の確認

動画による機能紹介


効率マップの描画

操作手順

  1. JMAG-RT Viewerを起動する



  2. RTモータモデル(*.rttファイル)を読み込む



  3. インバータの基本情報とモータの制御方法を設定する
    補正係数の設定も可能です。設定内容は設定ファイル(*.xml)に書き出し可能です。



  4. 効率マップを作成する





ダウンロード

JMAG-RT Viewer インストーラをダウンロードいただけます。

ダウンロード
JMAG-RTViewer1611706.exe 31.1MB
Ver.16.01.1706 (2017-06-29)


・ ソフトウェアライセンス契約はこちら>>
・ 修正項目(RID)>>
・ RTTファイルのサンプルはこちら>>



ライセンス

JMAG-RT Viewerのライセンス形態は三種類に分かれています。

タイプ1(無償)

RTモデルに記載されているヘッダ情報(基本仕様)などを確認できます。
WEBダウンロードによりすぐにお使いいただけます。



タイプ2(無償);Ld/Lqマップ、N-T特性グラフ

ヘッダ情報の確認に加え、LdLqのマップ作成とN-T特性のグラフの作成が可能です。
使用にはライセンスが必要です。
WEBから申請いただきますと、無償ライセンスが自動発行されます。

ライセンスキーのお申し込みはこちら



タイプ3(有償):効率マップ

効率マップが作成できます。また、効率マップライセンス保有の方はJMAG-RT Viewer全ての機能をお使いいただけます。
JMAGの技術サポートもついておりますので安心してご利用いただけます。(30日無償トライアルあり)

有償ライセンス(弊社営業へお問い合わせください)



Topへ戻る