第7回 次世代の電磁界解析セミナー

第7回次世代の電磁界解析セミナー、モータの高精度損失解析の実務への展開 続々報

リーフレット (PDF, 284KB)


開催趣旨

JMAGでは「モータの高精度損失解析の実務への展開」というテーマで2013年から隔年開催し、今年が3回目となります。

今回は、新しい材料モデリング技術を実際に適用する時に直面する具体的な問題点とその対処方法について、今日実務展開に尽力されている研究者・技術者の方々に解説いただきます。また、「聴く」だけでなく、新しい材料モデリング技術の完全理解を目指した体験・学習できる企画も用意しています。

新しい解析技術を実務に取り組もうとされている方々には是非ご参加いただき、実務展開にお役立ていただきたいと思います。

参加者の方々と共に今日の課題について多くのディスカッションをできることを楽しみにしております。


概要

主催 株式会社JSOL
会期・定員 2017年7月11日 (火)
午前の部
レクチャー:プレイモデル基礎講座
9:00~12:00(8:30受付開始)
定員:50名
午後の部
次世代の電磁界解析セミナー
13:30~17:45(13:00受付開始)
定員:100名
会場 JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋3階
(JR名古屋駅 徒歩1分)
http://www.jptower-nagoya-hall.jp/access/index.html
対象者
  • 効率および損失に関する実測と解析の同定に課題をお持ちの方
  • 損失解析の高精度化に関心がある方
  • 測定した材料特性を効果的に解析に反映する方法を知りたい方
  • 最先端の損失解析技術に興味がある方
  • 新しい解析技術を学びたい方
対象者 無料
申込〆切 開催日5営業日前
(定員に達した場合、締切らせていただくことがございます。)

お申込み

入力フォーム、電子メールのいずれかの方法でお申し込みいただけます。
※同業他社及びその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
※記入された情報は本セミナーの運営、弊社からの情報提供以外には使用致しません。

お申込み

午前の部・午後の部共に、おかげさまをもちまして満席となりました。
現在、キャンセル待ちの受付となります。※ (2017/5/25)

プログラム

午前の部 レクチャー:プレイモデル基礎講座 (キャンセル待ち受付中)

時間 内容
8:30~9:00 午前の部受付
9:00~12:00
レクチャー:プレイモデル基礎講座
株式会社JSOL

磁気ヒステリシスをより精度よく再現できるプレイモデルの基礎について学びます。
新しい損失解析手法として注目されているプレイモデルですが、従来の手法に比べて複雑に見えてしまうため、二の足を踏んでいる人も多いと思います。本セミナーは、そんな食わず嫌いの人達のために企画されました。
一見難解に見えるプレイモデルも順を追って学んで行けば、本質をしっかりと理解することができます。本セミナーでは、プレイモデルのメカニズムをドリルを通して体感、用語を学び、関連の技術情報が理解できるレベルを目指します。
レクチャー内容:
 1.プレイモデルの特徴
 2.プレイヒステロン
 3.形状関数
 4.形状関数の同定
 5.逆分布関数
 6.今日の話題
 7.まとめ
レクチャー参加対象:
 ・高精度な損失解析を必要としている方
 ・新しい材料モデリングに興味のある方
 ・一度プレイモデルを学んで挫折した方
 ・今日のプレイモデルに関する論文を理解したい方
 ・プレイモデルの理解が進まず、導入を躊躇している方

午後の部 第7回 次世代の電磁界解析セミナー (キャンセル待ち受付中)

時間 講演概要
13:00~13:30 午後の部受付、展示
13:30~13:45
開会挨拶・オリエンテーション
株式会社JSOL 山田 隆
13:45~14:25
プレイモデルによるヒステリシス特性を考慮した有限要素磁界解析
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 電機システム技術部 動力推進モータ技術グループ
北尾 純士 氏

近年の環境問題を背景に、家電や自動車で使用されるモータの高効率化が望まれている。現状の磁界解析では鉄心材料の初磁化曲線のみを考慮し、鉄損は後処理で評価する手法が一般的に用いられている。電気機器の更なる高効率化のためには鉄損算出の高精度化が必要不可欠であるため、ヒステリシス特性を考慮した磁界解析を行い、鉄損を直接算出することが望ましい。
現在提案されているヒステリシスモデルの中で、モデリング性能が高く、かつ、計算コストが少ないプレイモデルが注目されている。本発表ではプレイモデルによるヒステリシス特性を考慮した磁界解析を用いて電気機器の解析を行い、ヒステリシス特性の考慮の有無が機器の諸特性に与える影響について説明する。
14:25~15:05
加工ひずみを考慮したモータ鉄損の解析手法に関する検討
株式会社デンソー 材料技術部
土井 智史 氏

打抜きや焼嵌めなどのモータ鉄芯の量産工程では、鉄芯材料中に磁壁移動を阻害しモータ鉄損を増加させる要因となる残留ひずみが生じる。従来、このような加工歪による鉄損増加は、モータ設計段階では評価が困難なことから、モータ試作品を用いた実機評価によって評価されてきた。このため、設計手戻りによる評価工数の増加や、加工歪を考慮した最適化が困難、という問題があった。そこで我々は、特にモータ鉄損に大きな影響をおよぼすと推定される打抜き歪を考慮した鉄損計算手法について検討を行った。
15:05~15:35 休憩
15:35~16:15
鉄損計測
株式会社豊田中央研究所 モータシステム研究室
浦田 信也 氏

本報では、モータ鉄心材に使用される磁性材料の鉄損計測に関する技術(磁束密度や磁界強度の計測法、鉄損の計測系)を紹介する。
また事例紹介として、歪磁束条件下、圧縮応力下、回転磁束下の鉄損計測法・計測結果も紹介する。
16:15~16:55
異常渦電流損失計算の課題とアプローチ
株式会社JSOL
佐野 広征

幅広い駆動状態において高精度な鉄損解析を行うためには測定条件が限定される実測ベースよりも物理モデルが有効です。
ヒステリシス損失計算にプレイモデル、古典的渦電流損失計算に1D法など物理モデルが提案され、実用が進んでいます。
一方、異常渦電流損失に関しては実用的な物理モデルがありません。本セミナーでは鉄損解析の高精度化における異常渦電流損失計算の課題のレビューとJMAGの取り組みついて紹介します。
16:55~17:35
可変磁束モータの損失解析
名古屋工業大学大学院 工学研究科 電気・機械工学専攻
教授 小坂 卓 氏

近年、運転状態に応じて界磁磁束を可変させる可変磁束モータが注目を集めている。本講演では、その狙いと技術方式を分類整理し、その一種である巻線界磁と永久磁石界磁を併用したハイブリッド界磁モータを具体例に、試作機の計測損失分析と鉄心の直流偏磁を考慮した鉄損解析など各種損失分析結果について紹介する。
17:35~17:45 閉会挨拶
17:45~19:15 懇親会

※講演内容は、都合により変更となる場合がございます。
※昼食のご用意はございません。 各参加者の方におかれまして近隣にて昼食を召しあがりください。
 なお、セミナー会場内へのご飲食物の持ち込みはお断りしております。予めご了承ください。
※キャンセル待ちでのお申込みに関しましては、6月23日までに参加可否のご連絡をいたします。


出展

株式会社ブライテック
メトロン技研株式会社
ユニパルス株式会社
 


出展社一覧(五十音順)

計測

株式会社ブライテック

株式会社ブライテック

2次元単板磁気試験器

2次元単板磁気試験器は、磁界解析時に必要な電磁鋼板の交番磁束および回転磁束条件下での磁気特性を測定します。

  • 2Tまでの高磁束密度領域での磁気特性測定が可能
  • 磁束密度波形制御にFPGAを使用し高速な測定を実現
  • 試料サイズは60mm×60mm
  • 磁界強度の測定はHコイル法を採用


メトロン技研株式会社

メトロン技研株式会社

モータの低損失・高効率化の開発支援
【鉄損テスター】


電磁鋼板の鉄損をローコストで測定が可能になります。
「JMAG」に実測値を取り込みやすい機能を取り揃えました。
実測データを取りこむ事で、より精度の高い解析結果を得られる様になります。

メトロン技研は磁気測定の様々なアプリケーションを提供します。


ユニパルス株式会社

ユニパルス株式会社

回転トルクメータ UTMⅡシリーズ

回転トルクメータUTMⅡシリーズ
UTMⅡは、高精度・高安定性・高耐久性を同時に実現したアンプ内蔵型スリップリングレス回転トルクメータです。

  • 0.05Nm~10000Nmまで17機種をラインアップ
  • アナログ帯域1kHzの高速応答
  • 許容過負荷500%
  • 1/10000の分解能
  • 最高回転速度25000rpm

モータのコギングトルク計測等でお悩みの方は是非ご相談ください。



これまでの次世代の電磁界解析セミナー開催状況

これまでの次世代の電磁界解析セミナー「モータの高精度損失解析の実務への展開」はこちらです。

第6回 次世代の電磁界解析セミナー「モータの高精度損失解析の実務への展開 ~続報~」

・第6回 次世代の電磁界解析セミナー開催レポート(JMAG Newsletter 2015年7月号)
 http://www.jmag-international.com/jp/newsletter/201507/01.html
・コラム:解析屋が見た損失評価 第13話-2「次世代セミナー参加御礼」
 http://www.jmag-international.com/jp/library/column/loss_analysis/column_13-02.html

第5回 次世代の電磁界解析セミナー「モータの高精度損失解析の実務への展開」

・第5回 次世代の電磁界解析セミナー開催レポート
 http://www.jmag-international.com/jp/event/2013/20130723_00.html
・JMAG Newsletter 2013年9月号 イベント開催レポート
 http://www.jmag-international.com/jp/newsletter/201309/09_5.html#new_mag


キャンセルについて

準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の5営業日前までとさせていただきます。


お問い合わせ

株式会社JSOL JMAGビジネスカンパニー セミナー事務局
E-Mail : event@jmag-international.com  TEL 03-5859-6020 FAX 03-5859-6035


リーフレット (PDF, 284KB)