ワイヤレス給電

ワイヤレス給電機器のRLC評価から電力伝送効率評価まで行うことが可能です。様々な環境下での電力伝送効率を評価するために、コイル位置や傾きを自動的にパラメトリックに変えながら解析できます。最適値を求めるだけでなくロバストかつ信頼性の高い設計案を求めることができます。

評価項目

自己インダクタンス、相互インダクタンス、誘起電圧、負荷電流、電力、銅損、鉄損、効率、送電効率、温度分布

事例

電力伝送効率

電磁誘導方式のワイヤレス給電では、位置ずれにより上部の受電側に鎖交する磁束が減少します。鎖交磁束の低下がコイル間の相互インダクタンスの低下を引き起こし、これによりインダクタンスとコンデンサから定まる共振周波数がずれて、送電効率が低下します。また、受電側コイルの電圧が一定の場合、給電側の入力電圧が変化し、給電電力そのものが低下します。


参考文献

No 出展
AN-199 アプリケーションカタログ, "199 - 共振回路を利用した電磁誘導方式による ワイヤレス給電の効率解析"
AN-196 アプリケーションカタログ, "196 - コイルの浮遊容量の解析"
AN-190 アプリケーションカタログ, "190 - ワイヤレス給電装置の位置最適化解析"
AN-139 アプリケーションカタログ, "139 - 磁界共鳴現象を利用した送電特性解析"
AN-113 アプリケーションカタログ, "113 - コア対向型のワイヤレス給電装置の送電特性解析"
AN-086 アプリケーションカタログ, "86 - ワイヤレス給電装置の送電特性解析"

さらに検索する「ワイヤレス給電」と検索ください。