イベントセミナー

TECHNO-FRONTIER 2016

TECHNO-FRONTIER 2016 第34回モータ技術展 2016年4月20日(水)〜22日(金)に幕張メッセで開催されます、
TECHNO-FRONTIER 2016 第34回モータ技術展に出展します。

モータをはじめ電気機器のシミュレーションにご興味のある方は是非お立ち寄りください。
来る6月にリリースされる新バージョンJMAG-Designer v15.1 を中心に、話題の解析技術、新たに加えられた解析事例を紹介します。
技術相談も行っておりますのでJMAGはもちろんのこと、電気機器のシミュレーションに関する課題をお持ちの方はお気軽にお立ち寄りください。
JMAGのサポートエンジニア、開発者が皆様のお越しをお待ちしています。

主な展示



主な展示 |  開催概要 |  展示内容 |  準備日記 |  更新情報 |  開催レポート |  お問い合わせ先


開催概要

会期 2016年4月20日(水)〜22日(金) 10:00〜17:00
会場 幕張メッセ
ブース モータ技術展:8C-212
主催 一般社団法人 日本能率協会
参加費 無料(事前登録者、招待状持参者の場合)
URL http://www.jma.or.jp/tf/

Topへ戻る

展示内容

JMAGブースでの展示内容を紹介します。
多ケース、最適化、大規模、材料/損失、マルチフィジックスからモータ設計ツールまでJMAGの技術を紹介します。

超多ケース計算

信頼性の高い設計を行うためには、製造誤差などにより、特性が大きく劣化しないかなどの検討が必要になります。JMAGのパラメトリック機能とオートメーション機能を用いれば、設計パラメータだけでなく誤差因子を含めた広範な設計空間における特性を詳細に調べることができます。
そこで求められる超多ケース計算のためのJMAGの新しい機能、より高速に処理するためのクラウドやクラスタシステムへの対応状況、事例などについて紹介します。
また、超多ケース計算のライセンスコストを大きく圧縮できる新しい"パワーシミュレーションライセンス"についてもお知らせします。

  準備日記:高精度な効率マップの高速計算

最適化計算

限界設計のためには既存設計から離れて全く新しいアプローチを試すことも有効です。そのパラダイムシフトのために最新の最適化理論に基づく設計探索は強力なツールになりつつあります。
JMAGでは、モータ設計で必要とされる、磁気、電気、熱、強度、振動など多くの要件、トレードオフを考慮した最適化が可能です。
JMAGの新しい最適化機能と事例をご覧ください。

  準備日記:3次元モデルを用いた効率マップの計算
  準備日記:多目的最適化によるモータ設計事例

大規模計算

"詳細なモデルを速く解きたい、早く結果を出さなくてはいけない"、この要求が衰えることはありません。
その要求に応えるために私たちは高速ソルバーの開発を強力に進めています。そして、今回、新しい高並列(MPP)ソルバーをリリースします。
新しいMPPソルバーは高いスケーラビリティによって最新のHPCシステムの能力を最大限に引き出し、1000万要素レベルのモデルも実務時間内で解析することができます。もちろん、今日使われることの多い100万要素レベルの問題でも高いスケーラビリティを示します。
JMAGの新しいMPPソルバー、そして、高速処理技術について説明します。

材料/損失モデリング

重要ではあるがなかなか手が届かない課題として常にあげられる加工による影響。
いつの間にか解析と実測の差の説明手段(スケープゴート?)になっていたりします。
この課題を解決すべく、加工歪の影響を考慮した解析機能を開発しました。
加工による劣化特性は一般的な単板試験から同定します。
ツールも劣化領域の定義や特性の割り当ても簡単にできるようになっています。
JMAGの高精度材料モデリング技術について説明します。

  準備日記:打ち抜きによる加工劣化の影響を考慮した損失解析事例(材料測定)
  準備日記:打ち抜きによる加工劣化の影響を考慮した損失解析事例(解析)

マルチフィジックス

電気機器のマルチフィジックス解析ならJMAGです。
解析機能の豊富さだけでなく幅広い利用形態に対応します。JMAGだけのマルチフィジックス解析はもちろんのこと、サードパーティ製品ユーザーとの協調解析作業も可能です。
今回、Abaqus、STAR-CCM+、NASTRANとのダイレクトインターフェースを強化しました。新しい事例を解析手順とともにデモを交えて紹介します。

  準備日記:マルチフィジックス解析による多目的最適化

モータ設計ツール

世の中にはモータ設計の教科書は多く存在し、またJMAGやJMAG-Expressのようにモータの解析ツールもあります。
しかし、その間をつなぐものがなかなかありません。つまり設計の教科書に書いている手順をツールを使って実際にやってみるというものです。 そのために「モータ設計初心者のための永久磁石同期モータ設計入門」という本をつくりました。
そして今回、販売を開始する運びとなりました。教科書の副読本として使うのも良し、ツールから入った人は頭の整理に使うのもよし、是非会場で一度手に取ってご覧ください。
そして、JMAG-Expressに新たに巻線界磁型同期発電機のテンプレートが追加されました。JMAG-Designerに送ることで即座に解析を行うことが可能です。

  準備日記:モータ設計書籍 『永久磁石同期モータ設計入門』をリリースします
  準備日記:モータ設計書籍 『永久磁石同期モータ設計入門』の中身を紹介します

技術相談

会場では経験豊富な技術者がアテンドしています。
JMAGの導入方法はもちろんのこと、業務における解析の課題などもぜひお聞かせください。

JMAG-Designer Ver.15.1リリース

2016年6月にJMAG-Designer Ver.15.1をリリースします。
最新バージョンでは高並列ソルバー(MPPソルバー)のスケーラビリティ向上から詳細な素線モデル自動生成機能まで数多くの機能追加、改良を行いました。
JMAGブースではどこよりも早く最新機能を試していただけます。

Topへ戻る

準備日記

マルチフィジックス解析による多目的最適化

設計の現場で検討しなければならない問題は、熱設計や機械強度設計など、時に複数の物理現象に及びます。IPMモータ設計においてはフラックスバリアによって機械強度が低下するため、ブリッジ部の強度が制約条件のひとつとなります。
平均トルク最大化と磁石体積最小化を評価関数とした多目的最適化に最大回転数におけるブリッジ部の応力を制約条件として加えて、パレート最適解を求めました。磁界解析で求めたトルクと構造解析で求めた応力を同時に評価しています。

図1 パレート最適解上の設計案と応力分布
図1 パレート最適解上の設計案と応力分布
左のグレーの図に、多目的最適化の設計変数として使用した磁石とフラックスバリアを構成する形状情報を示す。
右側3つのコンター図には、各設計案に対し最大回転数5500rpmを与えた際のミーゼス応力分布を示した。右上がトルク最大時の設計案、左下が磁石最小時の設計案、中央がこれらの中間の設計案である。

図2 応力考慮によるパレート最適解の変化
図2 応力考慮によるパレート最適解の変化
平均トルクと磁石体積を評価関数としたパレート最適解を黒破線、応力を制約条件として追加したパレート最適解を赤破線で示した。

(近藤 隆史)

2016-04-18(月)


Topへ戻る

開催レポート

今年のTECHNO-FRONTIER2016は、葉桜が海風に揺れる季節に幕張メッセで開催されました。
JMAGブースではリリース前のJMAG-Designer Ver.15.1やモータ設計ツールJMAG-ExpressなどJSOLがリードするモータシミュレーション技術を紹介しました。
JMAGブースの特徴は、ブースの壁一面をつかった壁画コーナーです。ここでは大量の多ケース計算や最適化計算、大規模モデル計算やマルチフィジックスなどの解析事例を紹介しました。
販売を開始したばかりのモータ設計書籍は多くの方に興味を示して頂き、見本を手に取りじっくりと読んでいる場面をよく見かけました。
JMAGエンジニアとお客様がゆったりと技術についての話ができるとのお声をいただいたJMAGブース、来年もパワーアップした企画で皆様にJMAGをお届けいたしますので、ぜひブースに来場ください。

TECHNO-FRONTIER 2016

更新情報


Topへ戻る

お問い合わせ先

株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部
info@jmag-international.com


Topへ戻る



Contact US



30日間無料トライアル