記事:JMAG AtoZ

第11回 電界解析に関するA to Z

JMAGを御使用の方の多くは「JMAGで電界解析をする」と聞いてもピンとこないのではないでしょうか。磁気的な現象の評価にJMAGを御活用頂いておりますが、電界解析となると考慮しなければならない製品は限られるため、磁界解析に携わる人が電界解析まで着手するケースは少ないようです。電界解析と磁界解析とは名称が似ていますが...

第10回 構造解析に関するA to Z

JMAGをご使用の方の多くは「JMAGで構造解析をする」と聞いてもピンとこないのではないでしょうか。電磁気的な現象の評価にJMAGをご活用頂いておりますが、構造解析となると振動現象など限定された用途でご使用されているだけの場合が多いようです。確かに、JMAGは電磁気的な現象を得意としており...

第9回 熱解析に関するA to Z

誘導加熱解析、熱減磁解析、熱応力解析・・・と聞くと、「発熱を扱う解析は難しそう」と思う方は少なくないのではないでしょうか?
JMAGの熱解析ではシンプルな伝熱現象を扱います。そのため、磁界解析に比べると設定する材料特性や条件は少なく...

第8回 条件に関するA to Z

前回に引き続き、JMAGの磁界解析に関する条件について、その便利な機能をご紹介します。まだ知らない条件の発見、機能の再確認にもお役立ててください。今回は、JMAG内部での連成解析、他ソフトウェアとの連携解析に有用な条件をはじめ、複雑な解析を簡単に行うための条件、ならびに非線形やICCGといったソルバーパラメータについても説明します。

第7回 条件に関するA to Z

シミュレーションにおいて、条件の設定は特に注意して行うべき作業の一つです。シミュレーションは実現象と異なり、非物理的な条件を設定しても計算を実行できてしまうことが多く、計算結果を確認して初めて条件の設定の誤りに気づくことがあります。正確なシミュレーションを効率よく行うためには...

第6回 形状作成に関するA to Z

電磁界解析に限らず、解析を行うためには形状を表現するデータを作成することが必須です。JMAGでは外部のCADで作成したデータを取り込んでの解析のほかに、JMAG-Designer自身で形状を作成し解析に用いることも可能です。
今回は"形状作成"に着目し、JMAG-Designerの形状エディタを用いた形状作成機能をご紹介します。

第5回 材料モデリングに関するA to Z

電磁界解析に限らず、シミュレーションにおいて対象物の材料特性を忠実にモデリングすることは、解析の精度に大きく影響する要素の1つです。しかし、解析目的ごとに、各部品の物性値を割り当て、挙動を再現するための材料モデリングには、多くの時間や経験が必要で悩まれていらっしゃるのではないでしょうか。

第4回 メッシュに関するA to Z

有限要素解析に必要な作業の中で最も手間の掛かる作業としてメッシュ生成を挙げる方は多いのではないでしょうか?生成するメッシュによって計算精度や計算時間は大きく左右されるため、頭を悩ませる方も多いのではないかと思います。
JMAGは、お客様の負担を低減するために多くのメッシュ...

第3回 計算時間を短縮するためのA to Z

開発スピードの向上や評価項目の増大が求められていることから、多くの設計者が計算に時間がかかるという悩みを持っているのではないでしょうか。 また、高精度な計算を大量に行うと計算時間が膨大になってしまうと心配している方もいらっしゃるでしょう。 JMAGは、そんなお客様の悩みを解決するため...

第2回 結果評価とモデル表示に関するA to Z

JMAGは多彩なポスト機能により結果評価をサポートしています。なぜなら、出来るだけ結果を整理する手間を減らし、お客様によりよい設計案を早く形にしていただきたいからです。
得られた結果を多面的に評価、分析できるJMAGのポスト機能を、この機会にぜひご活用ください。

第1回 多ケース計算実行時のA to Z

多くの設計案を検討する場合、一度に多くの計算を実行する必要があります。そのため、同じ設定を何度も行ったり、寸法の異なる形状モデルを多数作成したり、たくさんの解析結果を整理したりと、単調な繰り返し作業が発生します。繰り返し作業は、単に時間的なコストがかかるだけでなく、操作ミスや設定のし忘れなど、初歩的なミスも引き起こします。